診療内容

ごとう眼科について

ごとう眼科

ごとう眼科

診察案内・アクセス

ごとう眼科

一般診療科目

近視・遠視・乱視・弱視治療/視力低下/視野の異常/ものもらい/

目やに/充血/異物感/かゆみ/ドライアイ/なみだ目/疲れ目/

眼精疲労/眼痛/花粉症/結膜炎/アレルギー性結膜炎/白内障/

緑内障/流涙症/飛蚊症/網膜剥離/糖尿病網膜症/加齢黄斑変性/

黄斑上膜/黄斑円孔/眼科検診など




眼鏡、コンタクトレンズ処方

・眼鏡やコンタクトレンズは医療機器のひとつです。

・正しく処方されていないと、眼のトラブルの原因となります。

・眼の健康を守るために、適切な検査・処方をいたします。

 取扱いメーカー

 Menicon / Johnson&Johnson / SEED / CooperVision

 



各種レーザー治療

細隙灯顕微鏡

光を当てて眼球を診察する基本的な検査機器です

眼底カメラ

無散瞳での撮影も可能です

光干渉断層計(OCT)

網膜の断層像を描出する検査機器です

マルチカラーレーザー

糖尿病網膜症や網膜裂孔などの光凝固治療に使用します

YAGレーザー

白内障手術後数年して生じる視力低下(後発白内障)の治療に使用します

ハンフリー視野計

緑内障の診断や経過観察に必要な検査機器です

日帰り白内障手術

眼球内にある水晶体が白く濁るのが白内障であり、主に加齢によって起こる病気です。症状としては、視界が霞む、ぼやける、眩しい、眼鏡やコンタクトレンズを調整してもよく見えないなどが挙げられます。

当院では、最新の医療機器と確かな技術で安心して手術を受けていただけるよう取り組んでいます。手術前の準備・手術・手術後の安静まで含めて来院から1時間半ほどで帰宅することができる日帰り手術で行っています。白内障の症状と思われる方、手術を希望される方はお気軽にご相談ください。

硝子体・黄斑手術

眼球内には硝子体と呼ばれる透明なゼリー状の部分があり、眼球内の大部分を占めています。この硝子体が、出血や炎症などにより混濁すると大きな視力障害を生じます。硝子体手術はこの混濁を取る技術から発展し、現在では黄斑上膜や黄斑円孔などの黄斑疾患、網膜剥離、糖尿病網膜症などの治療として行われています。最近では、より小さい針孔からより細い手術器具を挿入して行うため術後の炎症が小さく、日帰りでの手術も可能となってきました。

当院では、硝子体手術機器も備えており日帰りでの手術を行っています。病気の状態により入院加療が必要と判断される場合には大学病院等へ紹介させていただきます。